【ドローン機体登録】搭載が義務化されたリモートIDとは何か。搭載が免除される条件とは?

2022年6月20日に、ドローン(無人航空機)の登録が義務化されました。 またドローンの登録義務化に伴い、機体への物理的な登録記号の表示に加えて、識別情報を電波で遠隔発信するリモートID機能を機体に備えなければならなくな […]

続きを読む
【ドローン登録義務化】100グラム以上のドローン全てが対象に?

2022年6月20日に、ドローン(無人航空機)の登録が義務化されます。
今回の登録制度において、対象となる機体は「屋外を飛行させる100g以上のすべてのドローン・ラジコン機」となります。現在航空法の規制対象となっているドローンは重量200g以上の機体に限られており、重量200g未満の機体は一般的な飛行ルールの対象外となる模型飛行機として取り扱われています。ただし2022年6月20日以降、重量100g以上のドローンは登録義務と、航空法における飛行制限を受ける機体になることになります。

続きを読む
【12/20事前登録開始】ドローンの登録が義務化されます【2022/6/20義務化】

近年、無人航空機(ドローン・ラジコン機など)の利活用が急増しているなか、事故や無許可での飛行が頻発している状況も続いています。このような状況を受け、国土交通省は航空法改正に基づき、無人航空機の登録制度が施行されます。この法改正により2022年6月20日以降、無人航空機の登録が義務化され、登録されていない無人航空機を飛行させることはできなくなります。2021年12月20日より事前登録受付が開始されます。

続きを読む