持続化補助金

小規模事業者持続化補助金(以下持続化補助金)の第10回受付締切分以降の公募要領が公開されました。

これまでの公募要領との変更点について簡単にまとめます。

詳しくは事務局である全国商工会連合会のホームページをご確認下さい。

持続化補助金とは?

持続化補助金は、小規模事業者が自社の経営を見直し、自らが持続的な経営に向けた経営計画を作成した上で行う販路開拓や生産性向上の取組を支援する制度です。

【令和3年度補正予算】小規模事業者持続化補助金
持続化補助金パンフレット

公募要領の変更点とは

第10回受付締切分以降の公募要領においては、第9回までの公募要領から大きな変更はありません。

一部、内容の補足追加、文章の変更等が見られるだけです。

【5.補助対象経費】
③ウェブサイト関連費 P.14
販路開拓等を行うためのウェブサイトやECサイト等の構築、更新、回収、開発、運用をするために要する経費
※「開発」が追加

【5.補助対象経費】
③雑役務費 P.16
○ウェブサイト関連費に関わる雑役務費については、ウェブサイト関連費で計上して下さい。
※内容の追加

【5.補助対象経費】
⑪委託・外注費「対象とならない経費例」P.18
・有償レンタル・有償貸与を目的としたスペースの改装に係る費用
※内容の追加

【5.補助対象経費】
(2)補助対象外となる経費 P.19
4)自社内部やフランチャイズチェーン・ボランタリーチェーン本部との取引によるもの
※「ボランタリーチェーン」が追加

【5.補助対象経費】
(2)補助対象外となる経費 P.19
32)コンサルティング費用 ・アドバイス費用・相談費用( ただし、インボイス制度対応のための取引先の維持・拡大に向けた専門家(税理士、公認会計士、中小企業診断士等)への相談費用に限り、補助対象経費となる場合があります。
※内容の追加

いのうえ

確認できた変更点はこのぐらいです。補足説明や情報の追加程度の変更かと思います。

申請受付等のスケジュールは?

第10回
持続化補助金
申請受付締切日2022年12月9日(金)
事業支援計画書交付の受付締め切り2022年12月2日(金)
第11回
持続化補助金
申請受付締切日2月下旬
事業支援計画書交付の受付締め切り2月中旬

当事務所でもご相談をお受け致します

手続きの種類着手金成功報酬(交付決定までのサポート)オプション報酬
(実績報告・年次報告までのサポート)
小規模事業者持続化補助金申請支援33,000円採択額の8.8%
最低報酬額88,000円
44,000円
事業再構築補助金申請支援補助金額1500万円以下の場合 110,000円
補助金額1500万円超の場合 132,000円
採択額に対する下記の割合
1,500万円までの部分 8.8%
1,500万円超の部分 5.5%
※最低報酬額440,000円
採択額の2.2%
※最低報酬額110,000円
ものづくり補助金110,000円採択額の8.8%
最低報酬額440,000円
採択額の2.2%)
※最低報酬額110,000円
その他補助金申請支援要ご相談要ご相談要ご相談

お気軽にお問い合わせ下さい。092-292-76379:00-18:00(土日祝日対応可)

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA