事業再構築補助金

令和2年度第3次補正予算「事業再構築補助金」第4回公募について、中小企業庁は、令和3年10月28日から令和3年12月21日まで公募を行い、応募のあった19,673者について審査を行った結果、8,810者を採択しました。

全国の採択事業者について詳しくは第4回公募採択結果のページをご覧ください。

第4回公募全体の採択率は約44.8%

応募総数:19,673件
採択数:8,810件
採択率:44.8%

第4回公募における全体の採択率は44.8%となりました。

過去3回の採択率を比較すると以下の通りとなります。

【第1回公募採択率】36.1%
【第2回公募採択率】44.9%
【第3回公募採択率】44.4%
【第4回公募採択率】44.8%

第2回以降採択率は44〜45%で安定しているようです。

特別枠の採択率が非常に高い

募集枠ごとの採択状況は以下の通りです。

募集枠応募件数採択件数採択率
通常枠15,0365,70037.9%
緊急事態宣言枠4,2172,80666.5%
最低賃金枠39129074.2%

第3回まで同様、緊急事態宣言枠や最低賃金枠などの特別枠の採択率が非常に高くなっています。

特別枠には補助額の上限などの制限はありますが、要件を満たす事業者は積極的に活用すべき募集枠であると思われます。

第5回以降の公募に向けて

事業再構築補助金は現在第5回公募期間中となります。(応募締切は3月24日)

第4回公募の採択結果を受けて、

・緊急事態宣言枠、最低賃金枠等の特別枠は採択率が高い

という状況は今後も続くのではないでしょうか。

特別枠を活用できる場合は、積極的に活用する、コロナの影響を分かりやすく記載するなど、今後の申請に活かすべきかと思います。

お気軽にお問い合わせ下さい。092-292-76379:00-18:00(土日祝日対応可)

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA