小規模事業者持続化補助金の創業枠とは?創業枠の活用方法について

小規模事業者持続化補助金の「創業枠」とは?「創業枠」の活用方法について

小規模事業者持続化補助金の特別枠に「創業枠」という特別枠があります。

「創業枠」は創業した事業者を重点的に政策支援するための申請枠となります。

今回の記事では小規模事業者持続化補助金の「創業枠」について、内容と活用方法をまとめます。

小規模事業者持続化補助金とはどんな補助金?

そもそも小規模事業者持続化補助金とはどのような補助金なのでしょうか。

小規模事業者持続化補助金とは、小規模事業者が行う販路開拓や生産性向上の取組に要する経費の一部を支援する補助金です。

小規模事業者持続化補助金には通常枠に加えて、「賃金引上げ枠」「卒業枠」「後継者支援枠」「創業枠」などの特別枠も用意されています。

詳しくは事務局のホームページをご確認下さい。

申請類型一覧

類型対象
通常枠小規模事業者自らが作成した経営計画に基づき、商工会・商工
会議所の支援を受けながら行う販路開拓等の取組を支援。
賃金引き上げ枠販路開拓の取り組みに加え、事業場内最低賃金が地域別最低賃金より+50円以上である小規模事業者※赤字事業者は、補助率3/4に引上げ
卒業枠販路開拓の取り組みに加え、雇用を増やし小規模事業者の従業員数を超えて事業規模を拡大する小規模事業者
後継者支援枠販路開拓の取り組みに加え、アトツギ甲子園においてファイナリスト及び準ファイナリストに選ばれた小規模事業者
創業枠産業競争力強化法に基づく「特定創業支援等事業」による支援を受けた日および開業日(設立年月日)が公募締切時から起算して過去 3 か年の間である、販路開拓に取り組む小規模事業者

補助率・補助上限額

通常枠・特別枠ごとの補助率・補助上限額は以下の通りです。

申請類型補助上限補助率
通常枠50万円2/3
賃金引上げ枠200万円2/3
(赤字事業者については3/4)
卒業枠2/3
後継者支援枠
創業枠
【インボイス特例】すべての類型において、インボイス特例要件を満たす場合は、上記補助上限額に50万円を上乗せ

小規模事業者持続化補助金の創業枠の特典と条件

創業枠の特典とは?

小規模事業者持続化補助金の創業枠の特典は、補助上限額がアップすることです。

創業枠では、補助上限額が通常枠の50万円から200万円にアップします。

インボイス特例も活用することで最大250万円まで補助上限額を引き上げることが可能です。

なお、創業枠の補助率は通常枠と同じ2/3です。

いのうえ

250万円をフルに活用しようとすると375万円の経費を対象にできます。チラシや広告、看板や機械装置まで、思い切った投資に活用できそうですね。

創業枠の条件とは

小規模事業者持続化補助金を創業枠で申請するためには、以下の条件を満たす必要があります。

創業枠で申請するために必要な条件とは

  • 3年以内に開業した事業者であること
  • 3年以内に「特定創業支援等事業」による支援を受けた事業者であること

特定創業支援等事業?聞いたこともないんだけど…

特定創業支援等事業とは何か

特定創業支援等事業とは、創業した事業者を重点的に政策支援するために、産業競争力強化法に基づく「認定市区町村」または「認定市区町村」と連携した「認定連携創業支援等事業者」が実施する支援のことをいいます。

創業支援セミナーや個別創業面談などを通じて、創業者の経営、財務、人材育成、販路開拓等の知識習得を目的として支援を行います。

例えば福岡市においては、商工会議所や市の経営支援課、日本政策金融公庫などが連携して実施している窓口相談やセミナー等を受けることが可能です。

特定創業支援等事業を受けると多くのメリットがあります。

【特定創業支援等事業のメリット一例】
・会社設立時の登録免許税半額軽減
・日本政策金融公庫の創業者向け融資の活用
・補助金事業における優遇(特別枠) など

これらのメリットを受けるためには、「特定創業支援等事業」による支援を受けた証明書が必要となります。

証明書を受け取るまでの大まかな流れは以下の通りです。

①自治体と連携する支援事業者に連絡する。
特定創業支援等事業を行う事業者の連絡先は、各自治体のホームページに案内されています。
福岡市の場合はこちら
②特定創業支援等事業による支援を受ける
1ヶ月以上にわたって受ける必要があります。
③証明書の発行依頼を行う
各自治体の創業支援課等に発行依頼を行います。
④証明書を受け取る
発行申請してから1週間程度はかかります。※福岡市の場合
いのうえ

これで、小規模事業者持続化補助金の創業枠を活用することができるようになりますね。

創業枠はこんな人におすすめ

以上のことから、小規模事業者持続化補助金を創業枠で申請するのは以下のような人におすすめです。

創業枠がおすすめな人

  • 開業(創業)から3年以内の人
  • 販路開拓や生産性向上のために、大きな(例えば100万円以上の)投資を行いたい
  • 自治体が実施する「特定創業支援等事業」の支援を受けた人、もしくはこれから受ける予定がある人
いのうえ

創業に必要な知識を、無料(一部有料もあり)で入手でき、各種優遇を享受できる特定創業支援等事業は、創業枠の利用に関係なく、お勧めの制度です。

まとめ

今回の記事では、小規模事業者持続化補助金の創業枠についてまとめました。

【小規模事業者持続化補助金の創業枠とは?】
補助上限が200万円にアップする特典がある申請枠である
3年以内に開業した事業者が対象である
特定創業支援等事業による支援を受けた証明書が必要となる
■創業時に必要となる大きな投資が必要な事業者におすすめ

小規模事業者持続化補助金の活用を検討する、創業から間もない人の参考になれば幸いです。

当事務所で申請支援を行っております。

当事務所におきましても、小規模事業者持続化補助金の申請支援を行っております。

あわせて読みたい

小規模事業者持続化補助金 申請支援

福岡市博多区の補助金申請支援を行う行政書士事務所です。認定経営革新等支援機関として皆様の「想い」を実らせるお手伝いをいたします。小規模事業者持続化補助金の申請…

あわせて読みたい

【第14回公募】小規模事業者持続化補助金の公募要領が公開されました。前回までとの変更点について。

小規模事業者持続化補助金(以下持続化補助金)の第14回受付締切分以降の公募要領が公開されました。 持続化補助金についてと、第14回公募以降の変更点について簡単にまと…

お気軽にお問い合わせ下さい。092-292-76379:00-18:00(土日祝日対応可)

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA